忍者ブログ
昨晩、池上さんの解説の『浅間山荘』事件をテーマにした、番組があった。
毎度のごとく池上さんの解りやすい、解説には感心させられる。
 さて、同事件を扱った、映画には役所広司主演の「突入せよ!」が有名である。これは警察・機動隊側からの映画であり、それなりに意義のある映画であった。しかしもう一つの映画、そのタイトルもずばりの「あさま山荘」は、赤軍派から見た映画であった。京浜安保闘争の永田洋子と赤軍派の森恒夫を中心にした、映画である。一言に行ってこの映画、見ていて言葉は悪いが「胸糞悪くなった」映画である。それは、その映画が余りにもリアルすぎることともあり、作者・監督が優れていたことも否めないのであるが。総括と言う名で粛清された12人の若者が余りにもリアルすぎ、「なぜそこまでやるのか?」という疑問を投げかける映画でもあった。名作と言えば名作であるが。
 ちなみに、この事件までは大衆はどちらかと言うと、学生を中心とした、諸派に同情的であったが、この後、人は過激派に対し、批判的になってゆくのである。そして、カクマル派と中核派のヘゲモニー争いとなってゆくのである。そして、後には政治的思想、すなわちイデオロギー的な意義は、薄れてゆく結果となる。
 いまの若者はほとんどそういったことに関心がなく、ノンポリがほとんどだが、それもいいことなのか、それとも否であるかは判断がつきかねないことである。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars