忍者ブログ
 今日も天気がよく暖かくて風がある。健康な人なら歓迎すべき日であるが、花粉症の人には地獄のような天気である。私が花粉症またはアレルギー性鼻炎といわれるものになったのは40年以上も前のことである。当時は世間が認知していなく、その理解が得られず苦労したものである。
 当時の花粉症の人は、そのほとんどが精神的なものとされ患者は迫害を受けていた。曰く、花粉症は、やる気がない我儘な人間がなる。曰く、甘いものが好きな我儘。曰く、酒、たばこを飲むもの、曰く、勉強嫌いなどなど。また、外来のものを食べるからなるのだとか・・・。また道場で厳しく精神修行をすれば治るとか・・・・。とにかく患者の人間性を否定するものばかりであった。
 当時市内にはS医院があり私はそこに通っていた。その先生から「アレルギー性鼻炎だ。」とその当時から、その先生は言っていた。いつも混むのでたまたま他の医院へ行って、症状を訴えると、その先生曰く「そんなものは聞いたことがない。」と言われた藪医者もいた。
 また部屋が汚いからだと言われていた。窓を開けよ!布団を干せ!と言われそれをやったらその晩は地獄。親も理解してくれなかったものである。
 今でこそ大分楽になったが当時は苦しさの余り、自殺まで考えたこともあった。医者からも「お前の様なひどいのは見たこともない。」と言われるしまつ。
 治るのなら、どれだけお金を出してもよいとまで考えていた。一年のうち2~3か月がまともに仕事が出来ず、夜も寝られないものだから。そして薬代だけでも少なくとも年数万は使っていた。
 ある日、漢方薬局に行った。そこで薬の説明を受けると、薬代が60万円くらい掛かるという。それで治るとも言う。私は言った「200万、いや300万出す。治れば!だから後払いで治るまで飲まさせてくれ!」先方曰く「やはり治りませんよ。」と。
 なおる方法はないのである。ただひたすら外出も控え我慢。これしかない!
 皆さん花粉症は市民権を得ました。すぎ去るまで頑張りましょう!
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars