忍者ブログ
 政府が、昨今の労働力不足に対処するため、日本に移民することを諸外国に進めることを検討しているという。かつてバブル時にも労働力不足で、この地区にも多くのブラジル系、イラン系の人が見られたが、景気の後退より極端に少なくなってきている。その方たちの多くは自分たちの国に帰ったようであるが。
 さて、景気が良くなってきたと言われるこの時期(実感はないが)安易に移民を受け入れてもいいのだろうか?もちろん、来るべき人たちは規制をかけることは困難であるが。移民とはその国に同化することである。日本に来てまで、日本の悪口を述べた舞う人たちは日本に来てもらいたくない思いもある。
 そして、労働力不足は本当なのか?まだまだ就職に関しては良くはなってきているが、それも一部である。大きな問題は若者が発汗する労働を望まず、見下すような傾向があることである。所謂3Kという仕事(危険・キツイ・暗い、それに加え今はカッコ悪いの4kとなっている)は必要な現場で必要な仕事である。実業高校はスキルを身に付ける目的だが、最近は進学に力を入れているもの現実である。
 若者よ、現場で働くことはカッコ悪くもなく、必要な求められている仕事である。現在、職を持たず引きこもりなどが現場で職に就けば日本の労働力は解消されるのである。
 でないと、我々の「美しい国」はあまりありがたくない国に乗っ取られるのである。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars