忍者ブログ
 子供のころ(小学生のころ)坂本竜馬が暗殺され、真犯人は不明という内容の番組を見た。子供心に思った。そんなに昔ではないのになぜだろうと。数百年前に起こった本能寺で信長を殺したのは光秀だということさえわかっているに。ある意味で不思議である。
 ところがさらに下って昭和にも真相が解らないことがある。例えば「日中戦争の勃発となった最初に弾丸を発したのは日中どちらか?」「ノモンハンは本当にソ連に負けたのか?」である。前者は日本と中国側の言い分がまるで食い違う。後者はノモンハン事件に関してはソ連(現ロシア)には記録がないという。そのため見直しもされている。実際は、ソ連軍は日本軍の数倍の人員・武器を所持していたが、被害も日本の数倍であったらしい。そして日本側はソ連と比べ、少ない人員・武器のため損傷率にすれば圧倒的に日本側のほうが多かったのである。実数はソ連側のほうがはるかに多かったため、ソ連ないでは負け戦とみているようである。
 また、他に今も問わされている「南京大虐殺」「従軍慰安婦の強制」に関しても真実が、意図的にゆがめられて、歴史の真相が不明になっている。
私なりの推測
 南京大虐殺・・・・・もちろん戦闘行為はあった。時の中国には「遍衣兵」という兵が多くいた。それは軍服を着ていない私服の兵である。見かけは非戦闘員になり兵ではないが、れっきとした兵である。その戦闘による死者が一般市民と見られた。もちろん紛争に巻き込まれた一般市民もいたことは想像に難くない。そしてその犠牲者は3000万人と言われ、次に300万人になり、現在は30万人とされている。数字が刻々と変化してきている。また、虐殺の写真を見たことがあるが、殺される方が笑っていたり、まわりの者の視線が様々に向かって合成写真のようだったりもしている。また、殺害しようとしている人が中国人らしかったり、頭をかしげるようなものだったり。
 余談であるが最近「アウシュビッツはなかった」という人までも現れた。実際ガス室に送られるユダヤ人の映像を見たが、多勢のユダヤ人が整然と並んでガス室に入っていくのを見て、なぜ暴動が起きないのかとも疑問に思った。こんな説が出るものなんかそこらあたりにあるのではとも思う。
 従軍慰安婦・・・・軍または日本政府は強制はなかったということだと。もちろんあれば望ましいということはあった。ただ強制が生活苦のために強制的にやらされたというのは真実であるが、問題は日本政府または軍が連れ去ったということにしてしまっているのである。「生活苦のため嫌だけどやりました。」とは自分の立場上言えないのである。都合の悪いこと、自国に不利なことは認めないため歴史の真相が不明になるのである。そのため、証言が二転三転と。しかし、最近慰安婦は財政的にも精神的にも恵まれていたという資料も出てきていることも事実である。
 
 こんなふうに歴史の真相を複雑にしているのである。勝者に都合のいいように・・・。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars