忍者ブログ
芭蕉の弟子で、広瀬惟然という俳人がいる。そして、住んでいた家が「弁慶庵」として、関市内に現存する。初めて訪れた時が、私が高校生の時、そして二回目に訪れたのが本日。昔の、茅葺のあずまやではなく、サッシまでは入った綺麗な庵。訪問者は私一人。にもかかわらず案内の人は事細かく説明された。その親切さも嬉しい。
 庭は、こじんまりとして、五月雨の日に観賞するのはちょうどいい。広瀬惟然の句は、漱石、芥川の小説にも出てくるほどの名人であるといい、また芭蕉にも期待されていたようである。
 そこで、案内の方曰く「関にも有名なところがあるんですが・・・。」私曰く「関市はPRが下手なんですね。」
 しかし、下手でいい。こんな静かな、ひっそりとした庵が、観光客でワイワイされたら、たまらない。ゴールデンウイークの雨の中日、静かな近くのほんのわずかの一人旅。
 こういう連休もあっていいものである。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars