忍者ブログ
 また、イジメによる自殺があった。人に「死ね」と言われたという。また「死ね」があいさつ代わりになっているとも言う。これはお笑い番組の影響かもしれない。しかし、お笑い番組ならお笑いで済ませたいものである。しかし本人にとっては文字通り死ぬくらいの苦痛だったはずである。
 残念ながら現代の社会ではイジメは根絶できない。人はそれぞれ異なった価値観がある。そしてその価値観を認めることのできない人物がいることも事実である。人が生きていくのは自分のためである。決して、他人のため、地域・学校の名誉のためではない。本当に嫌いな奴がいたら無視すればいいのである。そんな奴のため、自分の人生を方向転換、または人生を終わりにすることは馬鹿らしいことである。勉強が出来ない、スポーツが出来ないことは他人には害を与えないものである。説明不能な名誉・体裁・見てくれを持ちだすから話がおかしくなるのである。他人の人生の邪魔をしなければなにをやってもいいじゃないか。どんなふうに生きてもいいじゃないか。
 自分の人生、自分のもの。これでいいじゃないか。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars