忍者ブログ
 また、嫌なニュースがあった。大阪のバスケットボールの強豪の高校の主将が自殺したという。部活の顧問がミスをした生徒への体罰が原因だという。主将ゆえ、殴られる度が他部員より多かったという。高校2年という若さで命を絶ったのである。スポーツ名門校と言われる学校はどこも似たり寄ったりだと思うが、もう少しスポーツを楽しむことは出来ないのだろうか。
 地域・学校・親の過度な期待、ミスした部員への執拗な批判・・・・。これは間違いなくイジメである。勝者をたたえ、敗者切り捨ての学校のスポーツはもはや教育というものではない。どんなことであれ、それが原因で若者一人の命がなくなったのである。職業柄個人的にもスポーツの指導者の扱いにより、登校拒否、学業成績不振、友達関係の悪化の例を少なからず見ている。なんとかならないのだろうか・・・・・。
 追伸
 文科省は昨年度は体罰によりなんらかの処分を受けた教員は404人いたと発表した。その中で部活動中の体罰は110人いたという。体罰は絶対駄目だとは思わないが、ミスしたこと、試合に負けたことの体罰は許されることではない。
なぜ、試合に勝ったのか・・・・・・・堪えは敗者がいたからである。なぜこんな簡単なことが解らないのだろうか?負けてくれたから勝ったのである。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars