忍者ブログ
名古屋市内の中1生が部活と学校のイジメを苦に、自ら命を断った。残念なことである。いつも言うが行きすぎた部活指導の犠牲者である。 
 ここで、ふと自分の親父のこと思い出した。
親父が小学生のことである。同じクラスの子と喧嘩をしたそうである。(これがイジメなのかはわからないが)そうしたら、相手の子が中学生の兄に言いつけ、小学生だった親父は、中学生にボコボコにされたそうである。これは明らかにイジメになる。それで次の日に教室で同級生の相手に向かって「お前兄貴に言いつけただろう!」と言い、教室の隅まで押しのけ、掃除時に使う箒の柄でサンザンなぐりつけたという。そして今度こんなことがあったら、もっとやるからな!と念をおしたという。その結果、その相手はおとなしくなり、喧嘩も無くなったという。
 私は親父からその話を聞き「親父もやるわい。」と思ったのだが。その後親父はポツリと言う。
「そいつな、海軍し志願してすぐ戦死してしまった。」
そこには、相手に対する憎しみは感じず、むしろ哀愁さえあった。

今回のことでも窮鼠猫を噛むこともあっていいのではないだろうか?「暴力はいけない」とノタマウ輩ばかりだが、少なくとも一人で恨んで死んでいくことよりもマシである。
 
 時には大発散することもある程度は、認めたい。その前に行きすぎた部活指導を考えるべきであり、スポーツはプレイであることを徹底させるべきである。特に勝敗にこだわる体育系の先生へ告げたい。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars