忍者ブログ
 元日に、映画「永遠の0」を見てきた。戦争を(特攻)を現代の視点から見る映画である。
特攻に行った若者の国を思う心と、自分の命の選択との葛藤のある作品である。以前にも書いたが、日本の戦争映画は家族愛・友情をテーマにした人間愛を描くのがほとんどである。そのため非常に考えさせられる作品となる。しかし外国映画(特に米)の作品はそのほとんどと言っても過言がないほど男女のラブスト―リとなり全体的に稚拙になる場合が多い。または派手なドンパチ映画である。(地獄の黙示録・ザ・パシフィクなど)
 やはり日本映画が自分に合う。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars