忍者ブログ
 ひさしぶりにテレビを見た。番組名は覚えていないが、たけしの番組。日本・韓国・中国の人たちが、反日について討論する番組である。日本の方が、韓国の教科書には反日が記載されていると言えば、韓国の方(大学の先生らしい)何処に?どの教科書?何ページ?と小学生のような反論。また仏像の盗難についても今、国内で日本に返せという世論があるという。(政府は返さない方針)また、戦後の日本韓国に経済援助をしたのであるが、韓国民は誰も知らないという、それに対しの反論は、「知識層は、知っているのが常識です。」という。知識層は知っていて当たり前。問題はほとんどの大衆が知っているのかである。
 中国でも知識層で反日はないという。またテレビの反日番組は(政府の許可が下りやすいということもあるが)若い人は見ないという。また番組全体として3割程度だという。ここで私は思う。3割の番組が反日なのである。3割という数字は社会のなかではとてつもなく大きい数字である。3%でも大きい!
 出演された方は、日本語も堪能で、知識層であることは間違いがなく、日本に滞在している以上極端な反日ではない方でしょうが・・・・。
 愛国心というのは国を愛することであり、他国を非難することが愛国心ではない!世界中で学校での教育で、ある特定の国を指し、悪い国ですという教育をする国が他にあるのだろうか?

 このブログ、政治的なことは避けてきたのですが、昨日思ったことです。
PR
<< NEW     HOME     OLD >>
Comment
Name
Mail
URL
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
Color        
Pass 
<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/30 veste sans manche canada goose]
[09/28 canada goose femme montebello pas cher]
[08/15 borsa moschino rossa e nera]
[08/14 giuseppe zanotti facebook]
[08/10 chiara ferragni pif]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
夢想
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars